スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

元気です

泣いたり頑張ったり落ち込んだり奮い立ったり。
そんなことを繰り返していた1ヵ月。

今年はつぼみを見る間もなかったけど、ふと気づいたらジューンベリーの花が咲いててびっくりした!
11041902
季節のうつろいを感じることのできる小さな幸せ。
こうして今この時にも3匹と一緒に暮らせている大きな幸せ。


初夏の日差しに犬達は木陰争奪戦。。。
いちばん人気はこの裏庭の、アジサイの木陰のレンガ。
11041905
わらわら集まってくる(笑)


1匹でも多くの命が助かるように、
11041904


1匹でも多くの再会が果たせるように、
11041907


今日も心からの応援をしつつ、具体的に自分に出来ることをしていくだけ。
11041908


もうみんなとっくに協力してると思うけれど。。。
ほらほらみんな~~お散歩行っくよ~~!

被災犬も、保健所の子たちも、みんな元気で幸せになれ!

2011/04/19(火) | 犬猫いきもの | トラックバック(-) | コメント(0)

神様、みてますか?

庭の大島桜。エンゾが亡くなった時に植えたもの。
あと数日で咲きそう。
11032701

余震もほとんどなく、東京電力の管轄といえども島内で火力発電してる大島は停電もなく、地物の野菜や魚が毎日十分に店頭に並び、お米やパンやトイレットペーパーもいつも通りに売っているし、申し訳ないほどのどか。。。
でも、燃やす燃料が無くなると停電もまぬがれないそうで、節電のため営業時間を短縮します、というお店もちらほら出てきてる。


今、この時にも。
11032001
命を落としている人がいる。
せっかくあの地震と津波を乗り越えて助かった命。
その後の過酷な環境に心身ともに耐えられずに消えていく命。


そして。

同じくあの地震と津波を乗り越えた犬や猫達も。
原発の避難命令で人が消えた福島の街のあちこちで、死んでいく。

ある犬は庭先につながれたまま、ある犬は家の中で帰ってこない飼い主を待ちわびながら。
寒さと、恐怖と、飢えと、渇きに負けて、今この時にどんどん死んでいく。おびただしい数の犬や猫が死んでいく。

11032006

突然の避難命令で、わけもわかず犬や猫を家に残したまま遠くの町に連れて行かれた飼い主さんたち。
こんなに遠くに、こんなに長いこと家をあけると思っていなかった方も大勢いるのだろう。残してきてしまった犬や猫を思い、とてつもなく苦しんでいるだろう。


立ち入り禁止になった地区の我が家に、決死の覚悟で犬を助けにもどった女性の書いた訴えを、あるブログのコメント欄で読んだ。


あちこちの庭先や家のなかから、彼らの必死の叫びが聞こえています。
庭先から私の目を見て必死に助けて助けて助けて!と訴えてくる子もたくさんいました。
立ち入り禁止でも、特に行政にとめられることもなく、車で家まで行き着くことができました。
私の犬も、もう限界でした。今日助けに行かなかったら間に合わなかった。
どうかどうか!あきらめないで助けに戻って!!!どうか、誰か助て!



実際にいくつかの団体が救助に福島にも入っているけれど、地区ごとに立ち入る場合の制限が違うのか、あの地区はダメだった、あそこは入れた、といういくつもの情報が錯そうしているよう。


11032101

私は何をしてるんだろう。何ができる?

神様は何を望んでいるのだろう。次から次へとこんな過酷な試練。なぜ必要なのですか?

2011/03/27(日) | 犬猫いきもの | トラックバック(-) | コメント(0)

犬猫たちのシェルター準備

「今日も明日も明後日も応援してるからね!」
11032007
被災地からはやや離れてる大島だけど、ひとりでも1匹でも必要としているなら。。。という思いで、ボランティアさんが被災地の犬や猫を受け入れる準備を始めています。

シェルターとなる場所は確保できていますが、建物の補強や整備をするための資材が必要なので、これから島の土建屋さんや造園屋さんに廃材のご提供や安く譲っていただけないか私も相談にまわります!

もしもこのブログを見てくれてる島の方がいらしゃったら、ブルーシートやベニヤ板、波板、角材などを提供してれる、または安く譲ってくれる業者さんがいないか、ご近所さんや知り合いに声をかけてみてください!!新しいものでなくても構いません。よろしくお願いします。


11031702


今できることを少しずつ。
あきらめないで前向きに。

眉間にしわ寄せて、涙しながら報道観てたってなんにも変わらないもん。
避難所に身を寄せてるオバちゃんが言ってた言葉にハッとした。


「今頑張らないで、いつ頑張るのっ!!」
11032002


そうだそうだ!! その通り!!

節電、秩序ある行動、募金、犬猫のシェルター整備。
頑張るぞっ!!!







2011/03/20(日) | 犬猫いきもの | トラックバック(-) | コメント(2)

オバちゃんをなめんなよ!

「さあ、また新しい1日が始まった! 頑張ろう!」
11031503
大島の保護犬(保護猫)預かりボランティアさんのブログもご覧ください。
ロビンはここからやって来ました!



昨日の午後、地震後はじめて東京に。
竹芝に着いたのは夕方5時過ぎ。薄暗くなりはじめているところ。
桟橋から見える東京タワーとスカイツリー。

「ああ、倒れてないんだな・・・」なんて思ってみてた。
テレビやネットから伝わる惨状に、なんだか東京も街が変わっているような錯覚に陥ってたのかも。

11031701

そうか。。。 東京は普通なんだ。。。とちょっと放心状態。
地震以来、大島ではほとんど家から出ずにひっそりと暮らしてたから、なんだか車や人ごみにクラクラめまいがする。

そんなことでもガソリン節約になるかわからないけど、タクシーは使わずに、30分歩いてゴローが待つ会社に到着。
大都会の夕暮れは真っ暗だった。。。
いつもはまばゆいほどの東京タワーも、繁華街もオフィス街も照明をおとしてひっそりとしてる。
そうか~~~なんだ良かった、都会の人もちゃんと節電してるんだ。。。

11031707

都会の人はドライだから、関係ないよ、って思ってたらやだなぁ。。。なんて心配は無用だった。近所のコンビニだって、まあ確かに普段より品薄なものもあるけれど、こんな状況だから当然だよなぁ、という程度。

テレビでぎゃあぎゃあ騒ぎすぎるんだよ。きっと。
放送の趣旨がわかってなくて途中からテレビみたオバちゃんは、きっと、ありゃ大変!あんなに人が買い物に並んで米買ってる!! きっと米がなくなるんだよ!!って買いに走るに違いない。

11031703

現に、なんかみんな買ってるみたいだから私も一応買っておこうかな~と思って。。なんてニコニコしながらインタビューに答えてる人もいるし。。。

あとはね、「納豆がないのよ!どこにも売ってないの!!ホントに困るわ・・」って怒ってたオバちゃん。。
きっと人生ン十年、毎朝納豆食べる習慣なんでしょうけど、しばらく我慢しようよね。
納豆なくても死なないけれど、避難所の乳幼児がお母さんが噛み砕いた配給のたった1枚のサツマアゲを流動食として命をつないでるんだから。


11031704


でも。避難所で明るく頑張ってるのも、またオバちゃんたち。
「こんな時なんだから文句言っても仕方ないよ。考えても涙が出るだけだから、温かいもん食べて、体動かしてたら元気になるよ!」と、自主的に炊き出しして、少ない配給分の食料を工夫して量を増やして。


オバちゃんパワーをなめちゃいけない!!

オバちゃんが日本を救う。私もオバちゃんの一人として頑張ろう。



3匹の手?の使い方にも注目!


2011/03/17(木) | 犬猫いきもの | トラックバック(-) | コメント(2)

それを「希望」と名づけよう by佐野元春

「負けないで!! 今日もちゃんと見てるから!!」
11031504


学生の頃よく聞いていた佐野元春。
13日から、被災地の方にむけたメッセージ=詩をホームページに載せている。

芸能人だし、リンクや転載はいけないのだろうなぁ?と思って、以下にちょっとだけ抜粋。
全部を読んでみたい方は検索してくださいね。
(WEBニュースでも出ていたのですぐ見つかるよ)





********************************


11031302


それを「希望」と名づけよう
佐野元春

(以下、一部抜粋です)


そうさ、君は同胞の不在を気にかけているんだろうが、

たとえば、
偶然にも生き残った君の生を讃えてみてはどうだ?
たとえば、
生き残ったことへの幸運を噛みしめてみてはどうだ?

不謹慎だとわめく偽善者を後に残し
君が光を放つことで、友を弔うんだ

それを「希望」と名づけていいんだよ




**********************************




家族を、近所の人を、同僚を、園児を、利用者さんを、すぐ後ろを逃げていた見ず知らずの人を、あるいは目の前を流されていく見ず知らずの人を、助けられなかったと苦しむ方たち。

こういう方たちがいつか笑顔を取り戻すために、私にできることを考えよう。




ふたつ前の記事にコメントしてくれた「たった」さん。
私も口に出しては言えなかったけれど。。。

そう。 被災者の皆さんや安否不明の皆さんのことと同じぐらい、被災地の犬や猫、動物たちのことが気になってた。

報道にときどき出てくる、犬や猫たち。
昨夜のスーパーニュースでは、津波から生き延びたのだろう、2匹のセッターらしき大型犬の姿が映っていた。
起き上がれない1匹のそばに静かに寄り添うもう1匹。

人が消えてしまった街に数日ぶりに入って来た報道陣(?)に、よろよろとしっぽを振りながら近づいてきた。

人恋しいの?
のどがカラカラなの?
もう4日間も何も食べてないの??

11031501


「わあ。。。かわいそうで見てられないよ。。。早く誰か助けに来てくれると良いね。」



心と体が震えた。

今まだ数多くの方が救助を、援助を待ってるこの状況下では犬や猫を助ける余裕なんて誰もないんだ。
誰かを責めることはできない。。。その撮影者にも。
(民間人じゃなくて、フジの報道陣だったとしたら憤りを感じます)


また、今日の報道では、ペットとの避難を認めているある避難所で、他の避難者さんから苦情が出たためにペット同伴の方たちと部屋を分けました、と言ってた。


一方で、愛犬との再会に涙して喜ぶ人の姿も報道される。
犬も猫も被災者の方たちにとって大切な家族。
家や物や職場や大切な友人や、もしかしたら家族の誰かを失ってしまったかもしれない。
それなのに、あの笑顔! よしよし!!と顔をくしゃくしゃにして喜ぶ笑顔。

11031505


今この状況で、人間より犬!なんて言うつもりはもちろん、ない。
けど、この大震災を生き延びた命。
多くの方が命を落としている中で、奇跡的に助かった命。
人間も犬も猫も、優劣や順番なんてないと思う。。。とだけ言いたい。。。


せっかく生き延びた命を見つけたならすぐに救ってほしい、救ってあげたい。




被災地から遠く離れてる大島だけど、小さな活動が始まろうとしてます。
具体的なことはこれからですが応援お願いします。





2011/03/15(火) | 犬猫いきもの | トラックバック(-) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。