スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

富士丸くんへ

1週間前のこと。
大好きだった犬ブログの主人公、富士丸くんがあまりにも突然に亡くなっていたことを知った。ショック。ものすごくショックです。


「のほほーん」とした富士丸くんの表情と、そんな富士丸くんを語る飼い主さん(父ちゃん)の絶妙な文章に癒されたくてよくのぞいてた。
7年前のある日、「いつでも里親募集中」に「もらってください」と載せられた、望まれて生まれたわけではない命、ハスキーとコリーの雑種。 よくもまあうまく交じり合ってあんなに可愛いルックスに、しかも穏やかで優しい犬になったもんだ!と常々感心したものだった。 愛だね、愛。父ちゃんの愛。富士丸の愛。


09101002



7歳か。
エンゾが逝ったのと同じ年。
大型犬にとって10歳を望むのはそんなにも難しいことなの?悲しいよ。


09101001


もちろん大切なのは命の長さじゃないって思う。
どう生きたか、なんだとエンゾが亡くなったときも自分に言い聞かせた。
でも。


エンゾにも富士丸くんにも、もう少し、生きててほしかった。


09101004


保護犬サイトで出会った父ちゃんと富士丸くん。
出会うべくして出会った「一人と一匹」。



09101003



かけがえのない存在。これからもずっと。


いつかきっと。
今はまだ悲しみや苦しみがいっぱいで気づかないかもしれないけれど。


09101005


富士丸くんに見守られているな。
清々しい朝の空気の中に、暖かな太陽の光の中に、
降りしきる恵の雨の中に、そよいでくる風の中に、
富士丸くんを感じる時がくる。

父ちゃんがそう感じるときが来る。
絶対に来る。


富士丸くん。安らかに眠ってください。
父ちゃん、どうかどうか・・・苦しみから解き放されますように。


09101006


エンゾは私達に4ヶ月というお別れの準備時間をくれた。
でも、それすらなかった父ちゃんの悲しみ苦しみを思うと涙がとまらない。


私も、今目の前にある二つの命をいつも大切に、
一日一日を大切に、今日もまたこうやってロビンとクストーが元気に過ごしていることに感謝しながら過ごしていこうと思う。


富士丸くん、ありがとう。


スポンサーサイト

2009/10/14(水) | ひとこと言わせてー | トラックバック(-) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

しろくろ

『私も・・・』

穴澤さんが富士丸ブログを始めたころからずっと読者でした。
本当に驚きました。
まさかこんなに突然。

いつかは必ずやって来る別れですが、あまりにも唐突すぎます・・・父ちゃんの気持ちを思うと涙が溢れてきます。

ワルテルとソーラの馳さんも書いていますが、父ちゃんにはいつかきっと、また犬と暮らして欲しいです。

2009/10/15(木) 06:28:01 | URL | [ 編集]

マー子

『Re: しろくろさま』

マージやエンゾ、死んでしまうんだと覚悟をしていても辛く悲しい別れ、それなのに。。。

本当ですね。今はそんなこと考えられないでしょうけれど、いつかまた犬を迎えてほしい。いや、きっと迎えずにはいられなくなる時が来る、そう願うばかりです。

2009/10/15(木) 08:18:50 | URL | [ 編集]

やよい

『』

マー子かぁさん、こんばんわ。
富士丸くん、非常に残念です。
ロビンちゃんとクストーくん
ブログでしか会えないけど
私にとっても素敵な存在です。
言葉にするのは難しいけど。
二人がじゃれあっている写真を見ると
すごく癒されます。

2009/10/15(木) 20:38:49 | URL | [ 編集]

マー子

『Re: やよいさま』

ありがとうございます!
私はロビンとクストーのプロレスを何時間見ていても飽きないのですけど(笑)、私以外にも楽しみにしていてくださる方がいるなんて嬉しいです。

怠け者のブログなのであんまり更新しませんが、これからも時々のぞいてみてください!

2009/10/16(金) 19:53:44 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。